アロエで胃腸を元気に

アロエは、胃腸を元気にしてくれます。
あの苦味が胃腸によいのです。
日本に出回っているアロエには、キダチアロエとアロエベラがあります。
家庭で栽培して食用にするほか、市販のジュースを利用するのもよいでしょう。
生のアロエを食べるときは、ドリンク、ヨーグルト、お酒などに入れて食べるのがよいでしょう。
苦味が消えて、食べやすくなります。
特にヨーグルトとは相性がよく、市販の商品としても売られています。
また、料理の具材として活用するのもよいでしょう。
アロエ料理は、徐々に人気が高まっているそうです。
アロエの栽培が盛んなところでは、旅館の夕食にアロエ料理を出してくれるところもあるそうです。
ジュースの場合は、かなり苦味が強いので、抵抗を感じるかたも多いでしょう。
商品によっては、さつまいもの皮を焦がしたような味がします。
苦手なかたは、まったく飲めないこともあります。
アロエの味が苦手なかたは、サプリメントを利用するのがよいでしょう。